dot
ぶらり一人旅 wonderer アメリカ留学
コンテンツ

英語講師募集の求人の見つけ方について

最近では、小学生や幼稚園児を対象とした子供英語教室から社会人を対象としたビジネス英会話を教える英会話学校まで様々な企業が英会話学校を運営しています。

それでは、どのようにすれば自分に合った英語講師募集の求人を見つけることができるでしょうか。

まず、どのような生徒に教えたいのかを考えましょう。

これは例えば、子供が好きなのであれば子供向けの英会話教室に応募すればよいですし、難関大学を目指す高校生の熱意に応えるように指導したければ、学習塾の英語講師の求人に目を向ける必要があるということです。

また、英語講師としてどれほどの収入を期待するかも重要です。収入を重視するなら、ビジネスマンを対象とする大手の英会話学校が有利でしょう。

英語講師募集に応募するのに資格はいる?

英語講師募集に応募するためには、医師免許や、講師の資格、などといった専用の資格が必要なのでしょうか?

実は英語講師になるためには法律上決められた公的資格は必要ありません。言いかえればどんな人でも応募することができますし、受かりさえすれば働くことも可能です。

しかし人に教えるという職業である以上日常英会話以上話せること、通常の英文であれば普通に読めるくらいのレベルは最低限持っていなければなりません。(受かることができても、その後教えることができなければ意味がありません)TOEICでいうと650点以上、英検でいうなら2級以上は最低でも持っておきたいです。

英語講師募集の詳細内容について

英語講師募集内容はさまざまなものがあります。子ども向けの英会話教室や、高校受験などの受験用の英語教育、ビジネスマン向きの英語研修など同じ英語であっても、扱う分野の違いで大きく変わってきます。

英語講師である人はそれぞれの分野において対応できれば望ましいですが、どれも中途半端になってしまう恐れがありますので、一つの分野に非常に長けているようなスキルを目指していくことで、英語講師としてのニーズが上がってくるでしょう。

どのような分野が人気あるのかは、インターネットなどでリサーチすることができますので、合わせて確認しておくといいでしょう。

多様化している英語講師募集

英語講師募集の形にはさまざまなものがあり、昨今においては募集形態も多様化していることがあげられます。

従来の英語講師としては、英会話スクールが一般的で幼い子どもや、受験を控えた年代が通う場所でありました。ここ最近については、インターネットでのテレビ電話などを活用し、家にいながらオンライン上で英語を習ったり、カフェなどマンツーマンで習うようなケースもでてきています。そのような多様化の影響で、英語がより身近なものになっている事は言うまでもありません。

英語講師の募集については、教える相手によって大きく変わるものになりますので、そのあたりを考え募集することです。

日本人でも英語講師募集に応募できる

講師というのは、かなり知識を持っている人以外は対応できないように思われますが、最近では英語の講師を日本人でも応募できるようにしているケースがあります。かなり応募しやすいように、求人の形式を変えている場所が増えているのです。

この問題は、日本人でもある程度の知識を持っていること、そして海外の人を呼ぶことが難しいなどの理由から、英語講師募集は日本人でも大丈夫にしています。ただ知識を持っていることと、出来る限り多くの実績を持っている方にお願いしています。新しく採用する人は、ちょっと難しい面もあると思ってください。

英語の芽を育てる 英語講師募集について

自宅の一室を利用した子供英会話スクールは、小さな子供も楽しく英語に慣れ親しんでいます。アルファベットを取り入れた歌やゲームなど用いて、英語を身近に感じられる工夫をしています。

これまで英語学習では、英語は勉強というイメージが強く、普段使う機会もなければ、当然覚えようという意識もわかないものです。ですが幼い頃から英語は楽しいもの、といった良いイメージがつけば苦手意思はなくなるはずです。

幼い子供を持つママさんも早い段階で取り組んでいるケースが多いです。そのためスクールの本部では、子供が好きな英語講師募集をしています。

英語講師募集に関する記事