dot
ぶらり一人旅 wonderer アメリカ留学
テーマを決めてみる

テーマがあれば充実

何も考えずにただぼーっと歩いてみるのもいいでしょう。
でもどうせなら何かテーマを持って出かけてみる方が、より旅を充実させる秘訣になると思います。

毎日必ずその土地の風景を描いた絵日記をつける、とかその各地のラーメンを食べつくして全国制覇を目指す、なんてのも面白いでしょう。

一生の思い出にできるようなユニークな旅を自分なりに考えてみましょう。

留学をするにははアメリカ留学

英語、英会話を習得するのに一番の近道は留学です。それも現在はアメリカ英語が主流ですから、アメリカ留学が勧められます。

留学の時期としては高校時代、大学時代とありますが、日本語の教養も出来かかっている大学時代の方が効率的です。

そして、できれば、日本人の少ないところ、日本人に接する機会が余りないところがいいでしょう。

日本の大学で留学制度を持っているところもありますし、留学を専門に扱う業者、あるいはAFSのような留学協会もいくつかあります。少なくともアメリカ留学を一年間すれば、初期の目的は達せられます。

奨学金制度で留学を実現

違う国に行って留学するのって意外にお金がかかる事もあります。

学費はもちろん必要になりますが、現地での生活費も必要になってきます。更に物価が高い場所であればかなりお金がかかる事もあります。病院に行くと医療費がかさむ事もあります。

そこで、金銭的に留学するのが難しいという場合には、奨学金制度を利用すると実現できるかもしれません。

奨学金制度は帰国してから費用を支払う事になります。海外の政府が外国人に向けて提供してくれる奨学金制度というのもある様です。利子がどの位かかるのかという事は確認しておきたいですね。

また、返済する時のプランについても計画的に考えておきたいものです。

留学先では質問をたくさんしよう

海外の人と比較してみると、日本人は周りの事を考えて行動する場合が多く、聞きたい事があっても質問せずに、言われた通りに行動する事もある様です。

海外ではかなり積極的な人が多く、分からない事や疑問に思う様な事があればすぐに質問するという人が多いみたいです。

もし、海外に留学する事になれば、ぜひ積極的に聞きたい事を質問してみてはどうでしょうか。理解を深めるために質問する事が多いので、迷惑だと思われるのではなく、学びたいという姿勢を受け取ってくれる事もあるでしょう。

質問するタイミングなどを考えれば後は、積極的に質問したいですね。
せっかく留学するのであれば、いろんな事を吸収したいですね。

未来を展望するアメリカ留学

アメリカ留学に憧れる人も多いのではないでしょうか。

メディアの影響もあり、アメリカの中でもニューヨークやロサンゼルスに留学する人も多いようです。

語学、音楽、芸術、料理、ボランティアなど留学をする目的は人それぞれだと思いますが、人生の中で留学という体験は非常に貴重なものになるのではないでしょうか。

まずは、本格的なことを学ぶ前に英会話が理解できないと授業を聞いてもわからなかったりしますので、ほとんどの人が現地の語学学校で数ヵ月は学ぶようです。

しばらく、英語での環境になれてきたら今までよく聞き取れなかった英語が、いつのまにかすらすらと聞き取れるようになるようです。

聞き取りに慣れてきたら、積極的に話して自分の気持ちや意見を英語で話す訓練をしましょう。最初は大変かもしれませんが、今後の大きな力となるはずです。

英会話の上達、キャリアアップのためにアメリカ留学をすることで、日本にはないビジネスアイデアも浮かぶかもしれません。

留学先で家電を使用

パソコンなどの家電は日本から海外に留学する時にも持って行く人が多い様ですね。使い慣れている物ですし、すぐにいろんな事を調べられます。

しかしながら、国内で購入したパソコンなどの家電を海外に持って行ってもいきなり使える様にはなりません。留学する国によっても違いますが、コンセントの形が違うので利用できない場合が多い様です。

留学した国でも日本の家電を使用するための便利な物があります。家電のコンセントの先端に付ける製品で現地のコンセントの形に合った形状にすることができます。そして、大事なのが電圧です。

これを間違うと煙が出るなど非常に危険な事になります。使用できる物であるのかどうかを必ず確認して使いましょう。