dot
ぶらり一人旅 wonderer アメリカ留学
コンテンツ

英語講師募集の採用試験について

英語講師募集の採用試験ではどのようなことが試されるのでしょうか。

まず、当然ですが筆記試験によって英語のリーディング能力やライティング能力、そしてリスニング能力を試されます。ここでは、緊張せずに普段の学習で得られた力を最大限発揮しましょう。

次に、ペーパーテストを突破すれば面接試験が待っています。多くの英語講師の採用試験ではネイティブスピーカーとの面接をすることになるでしょう。

あまりネイティブスピーカーと話したことのない方は緊張するかもしれませんが、英語講師には英語と日本語の両方の能力がバランスよく必要であるので、英語での面接が全てだと思わずに、肩の力を抜いて面接に臨めばよい結果が返ってくることでしょう。

英語講師募集とアルバイトについて

大学生の人気アルバイトの一つに、塾などの講師の仕事があります。この場合、「国立大学」や「有名な私立大学」などのエリート大学に通う大学生さんが、夏休みの期間、または学生生活の間、英語講師をしていることもあります。

英語講師募集に関しては、このようなエリート大学の場合には、「アルバイト一覧」の掲示板にこのような「英語講師募集」のチラシが掲示されており、期間などや条件などが記載されています。

英語講師募集に関しては、この他にも有名な外国語大学や主に英語を授業で扱っている、専門的に習っている大学などの場合にも、募集が行くとされています。

勤務地にこだわった英語講師募集情報の探し方

子育てとの両立を考えて仕事を探す場合には、語学のスキルを活かすのがポイントです。学習塾や英会話教室の英語講師募集情報に注目することで、高収入の条件で働ける仕事を見つけることができます。

教育関連の求人情報サイトを利用することで、勤務地にこだわって最適な英語講師募集情報から選べます。指導経験が豊富な人であれば、高校や大学の受験や資格取得向けの指導を行うことで、ワンランク上の条件で働けます。未経験であっても、大学で英語や英会話について学んだ経験がある人の場合には、採用後の研修を通じてすぐに教育現場で活躍できます。

夕方の英語講師募集をねらう

夕方の時間帯に英語講師の募集がされていることがよくあります。社会人の方が会社帰りに英語を勉強したり、塾へ通う中高生のために授業の終わる時間から講義をすることも多いからです。

こうした英語講師募集には、ダブルワークを考えている方や、少しの時間だけ働きたいという方にはおすすめです。この時間から学びたい人は多い半面、働きたいという人はそう多くはありません。

あまり講師が集まらないとなると、報酬が高単価になる可能性があります。夕方の英語講師募集は、短時間で集中して稼ぎたい人に合った働き方といえるのではないでしょうか。

英語講師募集に見られる現代社会

英語講師募集としてインターネットなどに多く掲載されている情報は、近年の英語習得への需要が高まると同時に、探し出しやすくなっています。

英会話教室などの機関によっては、テレビCNや雑誌の宣伝にも幅広く取り入れられており、英語を活かして就職活動をしたいと希望する方にとって、スムーズな仕事探しを進めやすい環境が見受けられるようになりました。

だんだんと国際化していく現代の社会において、英語が必須となる仕事環境に置かれる方も増える中、個人やオンラインなどのレッスン形態も、ますます充実したシステムが導入しています。

条件を比較して英語講師募集情報を調べよう

英語講師になりたいと思ったときに、どのような情報を見つけるかがポイントの1つです。英語講師募集情報にも、さまざまな求人情報があるため、より良い募集情報を見つけることが欠かせません。

そこで英語講師募集について考えるのであれば、まずはどのような情報が自分に適しているのか考えてみましょう。条件について考えるとき、給料を優先するのか、勤務地を優先するのかという状況は人によって異なります。

特に英語講師には、スクールなどで教える方法もありますが、オンライン上で英語講師を行う手もあります。そのような英語講師の形を考えて、自分にあった求人を見つけることが大切です。

英語講師募集の需要と供給

インターネットでの求人サイト、求人情報誌、さらにはテレビCMなど、様々なメディアなどにおいて英語講師募集の内容は数多く見られるようになりました。英語を活かして仕事をしたいと希望する方にとって、より進めやすい求職活動に関する情報が多くなっており、英語の指導に関しては、グループレッスンやオンラインレッスン、個人レッスンなど、様々な形態での仕事環境も存在するようになりました。

社会においての英語力や言語力へ対する需要が高まる中、英語を習得するための講師の存在は、ますます需要が高まっているものでもあります。

英語講師募集に採用されるには

英語講師募集に採用されるために必要なのは英検やTOEICなどの資格や試験結果です。

自分の英語力を客観的にどの程度のレベルであるか証明してくれるため、判断しやすいからです。また単に高学歴であったり、資格を保有しているだけでなく、留学や海外での勤務経験などがあると面接でのポイントは高いでしょう。

近頃は生徒が子供でも大人でもネイティブスピーカーや同程度の英語スキルを持つ日本人の講師を希望するケースが増えているため、英語講師募集に採用されるには高い水準の英語力が求められます。難関を突破するためには面接前の下準備として更なるブラッシュアップが必要でしょう。

私立学校の英語講師募集

大学の教員課程を卒業し、英語教師としての免許は持っていても教壇に立つ機会が無かった方や、地方自治体の教員採用試験で残念ながら採用されなかった方にお薦めしたいのが私立学校の英語講師募集です。

主に臨時職員の枠で最初は求人を出されていますが長期間勤務をすることで常勤に正式に採用されるケースが高いです。講師としての職務のみなので、クラス担任を受け持つこともなく授業がある日だけ出勤を行なえばいいので子育て中の方や介護で長時間働けないという方には条件がいい求人と言えるでしょう。新卒者でも教壇に立つ訓練にもなるので積極的に応募されてみてはいかがでしょうか?

英語講師募集に関する記事