dot
ぶらり一人旅 wonderer アメリカ留学
新しい自分に会いに行こう!

Bon voyage !!

もう迷いはなくなりましたか?
旅先で何が見つかるか、何を感じるか、すべて自分次第です。

旅の終着点はいったいどこにあるのか。

そこにたどり着いたとき、あなたの中で何かが変わっているはず。
最高の旅を。

人気のアメリカ留学

あなたはアメリカにどのような印象をお持ちですか?昔から語学を習得するためにアメリカ留学に憧れる人は多く、人気の高いアメリカへはたくさんの人が留学をしています。様々な人種が入り混じり、新しい文化を築きあげているアメリカでの生活は刺激的なものでしょう。

アメリカの中でもニューヨークやロサンゼルスといった大都市にアメリカ留学をする人が多く、経済・文化・商業なども世界の中心的存在でありながら開放的なところが人気の理由ではないでしょうか。

また、高校から留学する学生も多く、より興味のある授業を選択し、早いうちから専門的に学ぶ意欲が出るので、進路や進学に対しても積極的に行動に移せるのではないでしょうか。無駄に受験のためだけでに勉強しなくても良いのです。

早いうちから、専門性を高めた人材を育てることができるのはアメリカならではかもしれません。興味を持ったことにはいろいろと挑戦してみてはいかがでしょうか。

アメリカ留学するときの片道航空券

学生ビザをもっているのにもかかわらず、アメリカ留学するときに入国するときに、往復の航空券を持っていないという理由で、入国を拒否されてしまったという話をきいたことがあります。

実際はどうなのかと気になる人もいるでしょう。実際は、片道航空券というものは、滞在先がホテルではなくて、個人宅というのも、留学する人としてはごく普通のことで、不審なことはなにもありません。

なので、不安になることはなく、堂々としていていいのです。また、なにか言われてしまう人もいれば、何回もアメリカ留学で入国しているけれど一度も聞かれたことがないという人も実際にいるので、その時によって違うのかもしれません。

結果的には、片道航空券だけであっても、なにも悪いことはしてないので、堂々としていていいのです。

目的を持って留学

留学する時には、海外に行けるという喜びや期待を抱いている人も多いと思います。海外ではきっと楽しい生活が待っている事でしょう。

しかしながら、せっかく留学するのであれば、違う国の文化などを楽しむだけではなく、目的を達成する様にしたいですね。

最初の間は現地の生活に慣れるのに結構疲れる事もあると思います。短期の場合にはあまり時間がありませんので、かなり詰め込んで勉強しないといけない場合もあるかもしれませんね。

長期の場合には、時間的な余裕を持つことができると思います。

海外に行っても、結局学びたい事を学びきれないまま帰国するという事も考えられます。目標達成に向けて現地での一日一日を大事にしたいですね。

理不尽な日本のシステムとアメリカ留学

アメリカ語学留学を2010年にしたのは日本人の留学生中35パーセントにあたり、21,290人です。その数は世界に195カ国もある中で、アメリカ留学が一番多いということを表しています。

しかし、アメリカの大学に進学すると、日本では学生として扱ってくれないのです。例えば、国民年金は日本の大学に進学すれば手続きさえ行えば免除になりますが、アメリカの大学の学生となるので義務の免除とはならないのです。

中途半端な気持ちで日本の大学へ進学し、サークルとアルバイトの日々の4年間を過ごす大学生は学生として扱われるにもかかわらず、強い夢、希望を持った留学生の肩身を狭めているのは、留学生低下に繋がり国際化を目指す日本にとって将来大きな痛手となるのです。

留学先から帰国

長い間、海外に留学している人というのはかなり現地の生活に慣れている事もあります。何年も海外で生活していて帰国した後には、逆に戸惑ってしまうという人までいる様ですね。最初、留学した時には慣れない事が多くて、生活の中で困るなと感じる事もあるかもしれませんね。一人の場合には大きな不安を感じる事もあるでしょう。

しかし、少しずついろんな事が分かってくると思いますので、きっと慣れてくる事でしょう。海外で長く生活するというのは困難な事もあるかもしれませんが、後になって振り返ってみるといい人生経験となる事も多いのではないでしょうか。海外で暮らすという機会はそれほど多くはないと思いますので、とても貴重な体験だと言えるでしょう。